スクリーンショット 画面イメージを撮る

スクリーンショットって何?

 

スクリーンショットとは

 
スクリーンショットとは、パソコンやスマホのディスプレイ(モニター)画面の表示イメージを撮った画像です。略してスクショとも呼ばれます。また画面コーピーや画面ハードコピー、また画面キャプチャーなどとも言われます。
 

スクリーンショットの用途

 
スクリーンショットは、ディスプレイの表示イメージを画像ファイルとして保存できます。
このため次の用途があるでしょう。
 
・ネットショップで買い物をする時・買い物した時の情報、商品写真、値段などの記録として。
・ネットサーフィンで良いWEBサイトを発見した時、その情報を画像イメージで友人・知人に知らせる情報として。
・パソコンやスマホの使用時、何らかのエラーが発生し、エラーメッセージが表示された時に記録として。
など、用途はいろいろあります。
 
 

スクリーンショットを撮る

 
スクリーンショットは、ディスプレイ画面の表示イメージを撮り画像として保存します。
この方法は、パソコンやスマホなどの機種、OSにより異なります。
 

パソコンのスクリーンショット方法

 
パソコンのスクリーンショットを撮り方を、OS:Windows10を対象としる説明します。
操作は、Windowsの機能(キーボード操作)と画像編集ソフトを使用します。
画像編集ソフトは、Windowsアクセサリーのペイントを使用します。PhotoShopなど他の画像編集ソフトでもOKです。
 
<スクリーンショット>
・デスクトップ全体のスクリーンショット
・特定のウインドウのみスクリーンショット
 

デスクトップ全体のスクリーンショットを撮る

 
(1)デスクトップイメージをメモリに記録
 
デスクトップ全体のスクリーンショットの撮り方は、キーボードの「PrintScreen」キーを押下します。
※「PrtScn」などキーボード表示は、パソコンにより異なります。
 
このキーの押下により、デスクトップイメージがメモリ(クリップボード)に記録されます。
なおデスクトップ上の表示などの変化はありません。
 
(2)画像ファイルの作成
 
ペイントソフトを起動し、「貼り付け」を選択します。
これによりメモリ(クリップボード)から画面イメージが貼り付け表示され、画像ファイルとして保存できます。
 

特定ウインドウのスクリーンショット方法

 
上述のデスクトップ全体のスクリーンショットの操作と基本的に同じですが、対象がデスクトップ全体ではなく、特定のウィンドウのみになります。
 
(1)特定のウインドウをアクティブ
 
スクリーンショットを撮りたいウインドウをクリックし、アクティブにします。
 
(2)ウインドウイメージをメモリに記録
 
「Alt」キーを押しながら「PrintScreen」キーを押下します。
このキーの押下により、ウインドウの表示部分イメージがメモリ(クリップボード)に記録されます。
 
(3)画像ファイルの作成
 
ペイントソフトを起動し、「貼り付け」を選択します。
これによりメモリ(クリップボード)からウインドウイメージが貼り付け表示され、画像ファイルとして保存できます。
 
 

Andoroid系端末のスクリーンショット方法

 
Andoroid系スマホやタブレットでスクリーンショットを撮る方法は、電源ボタンと音量ボタンで操作します。
 
(1)スクリーンショットを撮る
 
撮りたい画面を表示し、「電源」ボタンと「音量・小」ボタンを同時に押します。
この操作で画面イメージが画像ファイルとしてScreenshotsフォルダーに入ります。
※スマホF-01J Andoroid7.1を使用の場合。機種、バージョンなどにより格納フォルダーは、異なります。
 
(2)スクリーンショット画像の確認
 
「アルバム」アプリなどの画像アプリでスクリーンショット画像を表示確認できます。
 
 

iOS系端末のスクリーンショット方法

 
iOS系のiPhoneやiPadでスクリーンショットを撮る方法は、電源ボタンとホームボタンで操作します。
 
(1)スクリーンショットを撮る
 
撮りたい画面を表示し、「電源」ボタンと「ホーム」ボタンを同時に押します。
この操作で画面イメージが画像ファイルとしてカメラロールに入ります。
※iPad min4 iOS 11を使用の場合。機種、バージョンなどにより格納フォルダーは、異なります。
 
(2)スクリーンショット画像の確認
 
「写真」アプリでスクリーンショット画像を表示確認できます。
 

SNSでもご購読できます。