エアコンの掃除

エアコンは、エア・コンディショナーの略称で室内の温度や湿度を調整する機器です。
 

 
夏にはクーラー機能として、冬には暖房機能としてで一年中稼働している機器です。
また冷房・暖房機能以外にも除湿や空気清浄機能としても使用でき、とても便利な機器です。
 
ほぼ一年中稼働しているエアコンですが、結構汚れているはず。
汚れていると言っても外側ではなく、内部のフィルターです。
 

 
フィルターにホコリが付き、長い間そのままにしておくとエアコンの性能低下、さらにフィルターの汚れを部屋中にまき散らすことにもなり健康被害になってしまうことも。
 
エアコンを定期的に掃除をする必要があるでしょう。
家庭用エアコンの一般的な掃除方法です。
 

 
一般的にエアコンは高い場所にあるので掃除の前に脚立や踏み台などを準備。
無理なく安定した姿勢で掃除できるのがベスト。
 
1.コンセントを抜く
 
安全第一でエアコンのコンセントを抜きましょう。
 
2.フィルターを外す前に掃除機をかける
 
まずエアコン本体のパネル部分に掃除機をかけホコリを吸い取っておきます。
パネル部分は、空気の出入部分になっておりその奥にフィルターがあります。
このパネル部分を長期間掃除していないとホコリの塊が溜まっていることがあり、それを吸い取ってしまいます。
 

 
フィルターを外す時にはゆっくり外します。
フィルターは、柔らかなプラスチック素材でできており、無理に外すと破損したり、内部にひ掛かったりする場合があり、またホコリがたくさん溜まっている場合には、そのホコリが落ちてくる場合もあります。
 
4.フィルターの掃除
 
フィルターのホコリの付き具合により掃除機をかけるか水洗いするかを決めます。
 
ホコリの付き具合が少しであれば掃除機を掛けるだけでも良いでしょう。
フィルターの外側部分にホコリが付いていることが多く、掃除機は、外側部分からかける方が良いです。
 
掃除機でも綺麗にホコリが取れない場合やホコリの付き具合が多い場合は、フィルターを水洗いしましょう。
 
柔らかなブラシで水洗いだけでも十分ですが、ホコリ汚れ酷い場合は、中性洗剤を水で薄め柔らかなブラシでフィルターを傷めないように洗いましょう。
なお洗剤については、フィルター素材にもより違ってきますのでエアコンの取扱説明書を参照してください。
 
5.フィルターを乾かし、本体にセット
 
フィルターをよく乾かし、上記逆の順序でエアコン本体にセットします。
 
これでエアコンの掃除は終了です。

SNSでもご購読できます。